実務民事訴訟講座 : 第3期  第4巻 (民事証拠法)

新堂幸司 監修 ; 高橋宏志, 加藤新太郎 編集

実務の中に理論を見いだし、理論をまた実務から検証する。そして、また、平成の民事訴訟の実務と理論の現在とその展望を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 鼎談 民事訴訟の現在と展望
  • 自由心証主義の意義と機能
  • 民事事実認定と経験則
  • 裁判上の自白法則
  • 証拠の収集-現代型訴訟と証拠収集
  • 証明の軽減
  • 集中証拠調べ
  • 当事者の訴訟戦略としての立証計画
  • 企業秘密と訴訟審理
  • 交互尋問の理論と実務
  • 文書の真正と証拠価値
  • 文書提出命令の評価と展望-拡張と限界
  • 証拠保全の意義と機能-証拠開示的運用の功罪
  • 英米における事実認定理論の現状

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 実務民事訴訟講座 : 第3期
著作者等 加藤 新太郎
新堂 幸司
高橋 宏志
書名ヨミ ジツム ミンジ ソショウ コウザ : ダイサンキ
書名別名 Jitsumu minji sosho koza
巻冊次 第4巻 (民事証拠法)
出版元 日本評論社
刊行年月 2012.9
ページ数 328p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-535-00214-2
NCID BB10221787
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22132915
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想