ミャンマー経済の新しい光

尾高煌之助, 三重野文晴 編著

変貌する現代ミャンマー経済の全体像。政治、社会・文化、歴史などの隣接ジャンルを可能なかぎり包含し、最近の調査にもとづく観察結果を参考に、日本からみた21世紀ミャンマー経済の全体像と望まれるその将来像とを描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ミャンマー経済の新しい光
  • 第2章 独立後の経済政策の理念と植民地時代の残滓-フラーミンの「余剰のはけ口論」
  • 第3章 ミャンマーの農業と農村発展-稲作部門を中心に
  • 第4章 現代ミャンマーの人と自然の関わり合い-フィールドからみえる実像とその先に描く農業・農村開発
  • 第5章 成長の構造とマクロ経済-軍政下の経済20年の解釈
  • 第6章 ミャンマー軍政下の工業発展
  • 第7章 為替レートの増価と為替制度改革
  • 第8章 社会資本整備の進展と展開-政府の役割と民間資金の活用
  • 第9章 ミャンマーの対中経済関係-強まる経済依存の行方
  • 第10章 ミャンマー的資本主義の道程
  • 付論 1988年以降の経済成長、所得水準の推測-公式統計の検討から

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ミャンマー経済の新しい光
著作者等 三重野 文晴
尾高 煌之助
書名ヨミ ミャンマー ケイザイ ノ アタラシイ ヒカリ
書名別名 Myanma keizai no atarashi hikari
出版元 勁草書房
刊行年月 2012.9
ページ数 320p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-326-50368-1
NCID BB10213202
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22131195
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想