外資系金融の終わり = THE END OF AN ERA FOR BIG GLOBAL BANKS : 年収5000万円トレーダーの悩ましき日々

藤沢数希 著

「複雑すぎて潰せない」ために注がれる多額の税金。顧客との利益相反のオンパレード。人事、報酬、キャリア、リストラの生々しい実態…。そして、それでも明るい金融の未来について超人気ブロガーがコミカルに語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 大きすぎてつぶせない
  • 第2章 金が天から降ってきた
  • 第3章 金融ほどすてきなビジネスはない
  • 第4章 サル山の名前は外資系投資銀行
  • 第5章 ヨーロッパとアメリカの失われる10年+
  • 第6章 金融コングロマリットの終焉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 外資系金融の終わり = THE END OF AN ERA FOR BIG GLOBAL BANKS : 年収5000万円トレーダーの悩ましき日々
著作者等 藤沢 数希
書名ヨミ ガイシケイ キンユウ ノ オワリ : ネンシュウ ゴセンマンエン トレーダー ノ ナヤマシキ ヒビ
書名別名 THE END OF AN ERA FOR BIG GLOBAL BANKS

Gaishikei kin'yu no owari
出版元 ダイヤモンド社
刊行年月 2012.9
ページ数 240p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-478-02089-0
NCID BB10193080
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22129486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想