原発事故の理科・社会

安斎育郎 著

[目次]

  • 第1章 福島原発事故の「理科」(福島原発事故は、何をもたらしたか?
  • 放射線の影響と防護の基本-二種類の影響
  • どうやって放射線のリスクを減らすか?)
  • 第2章 福島原発事故の「社会科」(原発開発の歴史を見直す大切さ
  • 広島・長崎の核被害が知られなかったわけ
  • アメリカとソ連のしれつな核軍備競争 ほか)
  • 第3章 私たちはどうすべきか?(電力のつくり方を選ぶ時の考え方
  • 代替エネルギーの開発・普及への課題と展望
  • 節電型の生産・流通・消費・廃棄)
  • 終章 四〇年来の原発批判活動から思うこと

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原発事故の理科・社会
著作者等 安斎 育郎
書名ヨミ ゲンパツ ジコ ノ リカ シャカイ
書名別名 Genpatsu jiko no rika shakai
出版元 新日本出版社
刊行年月 2012.9
ページ数 63p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-406-05625-0
NCID BB10249072
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22130773
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想