和牛詐欺 : 人を騙す犯罪はなぜなくならないのか

斉藤友彦 著

負債総額4300億円、被害者総数7万人。戦後最大の消費者被害事件となった「安愚楽牧場事件」の真相とは?"詐欺専門"の異名をとる記者が調べ尽くした詐欺犯罪のすべて。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 安愚楽牧場事件(戦後最大の詐欺事件?
  • 暴かれた疑惑
  • 放漫経営の末に)
  • 第2部 ふるさと牧場事件(騙したのは誰だ
  • そして巨悪は逃げおおせる)
  • 第3部 詐欺犯罪はなぜなくならないのか(詐欺師たちを追いかけて
  • それでも被害者は悪くない)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 和牛詐欺 : 人を騙す犯罪はなぜなくならないのか
著作者等 斉藤 友彦
書名ヨミ ワギュウ サギ : ヒト オ ダマス ハンザイ ワ ナゼ ナクナラナイ ノカ
出版元 講談社
刊行年月 2012.9
ページ数 236p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-217976-8
NCID BB10175089
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22131169
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想