大江健三郎に「脱原発」の核心を問う : 守護霊インタビュー

大川隆法 著

中国の軍事拡大や北朝鮮の核ミサイルは肯定し、日本の原発だけを否定する-。「名誉欲」と「左翼的自虐史観」にまみれた平和運動の危険性が、明らかに。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 脱原発運動の「正体」に迫りたい
  • 「霊の自覚」がなく、幸福の科学に否定的
  • 左翼的な自虐史観を主張する大江守護霊
  • 実存主義哲学者に対する評価
  • 「脱原発」に定見はあるのか
  • 「日本の起源は中国」という歴史観
  • 政府や大企業に対する不信と敵意
  • 「生に専心する」という執着
  • 日本には「原罪」があるのか
  • 「反基地」「反原発」の背後にある勢力とは〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大江健三郎に「脱原発」の核心を問う : 守護霊インタビュー
著作者等 大川 隆法
書名ヨミ オオエ ケンザブロウ ニ ダツゲンパツ ノ カクシン オ トウ : シュゴレイ インタビュー
書名別名 Oe kenzaburo ni datsugenpatsu no kakushin o to
シリーズ名 OR BOOKS
出版元 幸福の科学
刊行年月 2012.9
ページ数 185p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86395-239-3
全国書誌番号
22132044
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想