古墳と被葬者の謎にせまる : 「考古学」最新講義

大塚初重 著

古代史を彩るさまざまな古墳は、いつどのように造られたのか。そこに葬られているのは、いったいどんな人物なのか-。日本考古学界の第一人者が、今日までの古墳発掘と出土品研究の成果をもとに、60余年の経験を交えて、熱く、平易に語った最新講義録。卑弥呼の墓・邪馬台国論争から天皇陵治定(陵墓指定)問題、世紀の発見「藤ノ木古墳」発掘秘話まで、社会人講座「明治大学リバティアカデミー」の大人気レクチャーを収めた歴史・考古学ファン待望の一書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 古代古墳の基礎知識
  • 第1講 ホケノ山古墳の発掘と箸墓古墳の被葬者を考える-卑弥呼の墓、邪馬台国論争は簡単に決着はつかない
  • 第2講 垂仁天皇皇后「日葉酢媛陵」を考える-盗掘で明らかになった陵墓指定の曖昧さ
  • 第3講 さきたま古墳群と金錯銘鉄剣を考える-中央政権と地方首長の濃密な関係が浮き彫りに
  • 第4講 常陵三昧塚古墳と首長の性格を考える-「騎馬文化」への愛着を物語る出土品の数々
  • 第5講 藤ノ木古墳の発掘とその被葬者を考える-世紀の発見秘話と葬られた二人の貴人
  • 第6講 牽牛子塚古墳から斉明天皇陵を考える-新たな大発見で高まった「牽牛子塚古墳」説の信憑性
  • 第7講 天武・持統天皇合葬陵を考える-今こそ学んでほしい明治十四年の宮内省の英断

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古墳と被葬者の謎にせまる : 「考古学」最新講義
著作者等 大塚 初重
書名ヨミ コフン ト ヒソウシャ ノ ナゾ ニ セマル : コウコガク サイシン コウギ
出版元 祥伝社
刊行年月 2012.9
ページ数 254p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-396-62089-9
NCID BB10293234
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22129098
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想