夕鶴の家 : 父と私

辺見じゅん 著

家族、文学、民話、昭和史、そして自身について-ひたむきな生を求め続けた「昭和の語り部」の全貌をたどる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 父の娘(薬のはなし
  • ちいさな一歩 ほか)
  • 2 神々幻視行(さまざまの生死に出会う
  • 東京のかくれ道 ほか)
  • 3 昭和の語り部(夢の跡-映画『新しき土』をめぐる人々
  • 日本を愛したスパイ-終戦和平工作に奔走した二人の外国人の軌跡)
  • 4 散歩道(冬の虹
  • 片割れ良寛 ほか)
  • 5 記憶の海へ(戦艦大和の贅沢メニュー
  • 「大和」とともに沈んだウイスキー ほか)
  • 附録「泰山木」の時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 夕鶴の家 : 父と私
著作者等 辺見 じゅん
書名ヨミ ユウズル ノ イエ : チチ ト ワタシ
書名別名 Yuzuru no ie
出版元 幻戯書房
刊行年月 2012.9
ページ数 285p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86488-002-2
NCID BB10419911
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22125506
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想