飛花落葉 : 季を旅して

辺見じゅん 著

父・角川源義亡きあと訪れた日本の村々で、土地の民話と季節が呼び起こしたさまざまな記憶-俳句および俳人への遥かなる想い。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 季の旅(小正月
  • 節分
  • 流し雛
  • 遍路 ほか)
  • 2 猿の腰かけ(父が苦笑しているかもしれない
  • 角川源義の文学
  • 十時半の男-石川桂郎と角川源義
  • 男の中の男-追悼・山本健吉
  • 花眼の座-いのちの懐かしさとやさしさと ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 飛花落葉 : 季を旅して
著作者等 辺見 じゅん
書名ヨミ ヒカ ラクヨウ : キ オ タビシテ
書名別名 Hika rakuyo
出版元 幻戯書房
刊行年月 2012.9
ページ数 219p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86488-004-6
NCID BB10639645
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22125509
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想