信長の子 : 覇王の血を継ぐ36人の謎

『歴史読本』編集部 編

織田信長には確認できるだけでも二十七人の子供がいた。未確認の子供や養女を含めると、その数三十六人にも達する。本能寺の変で父に殉じた嫡男信忠、豊臣政権・徳川政権をたくみに生き抜き、明治までその血筋を残した二男信雄のほか、秀吉の後継者として将来を嘱望された四男秀勝や、関ヶ原の戦いに出陣した七男信高など-覇王信長が追い求めた天下統一へ野望を引き継いだ秀吉、家康の活躍の裏で、本来なら父の遺志を継ぐべき子供たちは何をしていたのか。知られざる彼らの人生を追う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 覇王の後継者たち(織田信忠-天下人とその後継者の「対立と和解」の謎
  • 織田信雄-信長・秀吉・家康の時代を生き抜いた波瀾の生涯
  • 織田信孝-秀吉の天下纂奪に対抗した信長「三男」の誇り)
  • 第2章 秀吉・家康に翻弄された息子たち(羽柴秀勝-秀吉の後継者となった青年武将の早すぎた死
  • 織田勝長-本能寺の変で兄に殉じた信長のもう一人の息子
  • 織田信秀-自らの祖父と同じ名を持つ母親不詳の六男
  • 織田信高-関ケ原合戦に参戦し織田の家名を残した七男
  • その他の息子たち-信長の晩年に生を得た謎の息子たち)
  • 第3章 「信長の娘」として生を受けた姫君たち(徳姫(徳川信康室)-あまりにももろかった徳川・織田家協定の礎
  • 冬姫(蒲生氏郷室)-将来を嘱望された外様家臣への異例の輿入れ
  • 永姫(前田利長室)-嫁ぎ先の前田家の安泰を願った清らかな生涯
  • 報恩院(丹羽長重室)-波瀾万丈の夫と添い遂げた信長の最長命の娘
  • 三の丸殿(豊臣秀吉室)-信長の娘に施した天下人秀吉の配慮と計算
  • その他の娘たち-信長の娘たちは「運命にもてあそばれ」た存在?)
  • 第4章 伝説上の子供・養女とその後の子孫たち(信長の「幻」の子供たち-検証・実在不確かな9人の子供たち
  • 信長の養女たち-政略のためだけに養女となった彼女たちの運命
  • 江戸大名織田家の系譜-太平の世に受け継がれた覇王の血脈)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 信長の子 : 覇王の血を継ぐ36人の謎
著作者等 新人物往来社
歴史読本編集部
『歴史読本』編集部
書名ヨミ ノブナガ ノ コ : ハオウ ノ チ オ ツグ サンジュウロクニン ノ ナゾ
書名別名 Nobunaga no ko
シリーズ名 新人物文庫 れ-1-34
出版元 新人物往来社
刊行年月 2012.9
ページ数 255p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-404-04244-6
NCID BB10532095
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22126233
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想