山頭火と朱鱗洞

藤岡照房 著

自由律俳句隆盛の時代を駆け抜けた1人の若者と、行乞の俳人・種田山頭火-。生前の山頭火を知る研究家が、数々の貴重な資料を基に、2人の心の交流をひもとく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 花のれうらん君のゐし
  • 第1章 野村朱鱗洞
  • 第2章 種田山頭火
  • 第3章 朱鱗洞 残照
  • 第4章 鴉とんでゆく
  • 終章 歿後のことなど

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山頭火と朱鱗洞
著作者等 藤岡 照房
書名ヨミ サントウカ ト シュリンドウ
出版元 愛媛新聞サービスセンター
刊行年月 2012.8
ページ数 372p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86087-102-4
NCID BB10128340
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22125471
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想