資本主義終焉の実相 : 新時代への展望

松平直彦 著

赤軍派破産の総括と、釜ヶ崎での闘いから40年。社会の崩壊と国家の機能不全をもたらすメカニズムの解明に挑戦し、マルクス主義の現代的発展をめざす意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「人間の時代」への三つの契機(産業の成熟
  • 地球環境限界への逢着
  • 高次の要求の高まり)
  • 第2章 資本主義の歴史的役割の終焉と没落(貨幣資本の過剰化と投機マネーの増大
  • 貨幣資本過剰時代の資本の諸形態
  • 投機マネーのヘゲモニーの確立
  • 投機マネーの膨張とバブル
  • 金融恐慌
  • 資本主義の生成・発展・没落
  • 唯物史観の発展)
  • 第3章 社会の崩壊(階級秩序の崩れ
  • 社会システムの崩れ
  • 統合イデオロギーの崩れ)
  • 第4章 国家およびアメリカ帝国システムの機能不全(国家の機能不全
  • アメリカ帝国システムの機能不全
  • 帝国システムの機能不全と新しい社会)
  • 第5章 人類の新時代へ(新時代への出発
  • 住民自治が牽引する社会の再建
  • 政治革命への道
  • 人類史の大転換)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 資本主義終焉の実相 : 新時代への展望
著作者等 松平 直彦
書名ヨミ シホン シュギ シュウエン ノ ジッソウ : シンジダイ エノ テンボウ
書名別名 Shihon shugi shuen no jisso
出版元 同時代社
刊行年月 2012.8
ページ数 256p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-88683-729-5
NCID BB10653078
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22126682
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想