証言連合赤軍  10 (浅間山荘四十周年シンポジウム)

連合赤軍事件の全体像を残す会 編集

[目次]

  • 第1部 映像でふりかえる
  • 第2部 当事者世代が語る(左翼のトラウマ・連赤事件を総括して運動の力に
  • 人を内側から捕まえる共同性の原理をいかに超えるか
  • 今や保守派も含め日本が連合赤軍化している ほか)
  • 第3部 連合赤軍事件が残したもの(後世に教訓を伝えたい
  • 連赤事件の本質をまとめることなどできない
  • 連赤事件を日本的市民社会に回収する危さ ほか)
  • 第4部 若い世代にとっての連合赤軍(連赤事件は「言葉」が暴走した事件だったと思う
  • 将来、史実として連赤事件が語られるようになる
  • 連赤事件が今の「生きづらさ」につながっている ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 証言連合赤軍
著作者等 連合赤軍事件の全体像を残す会
書名ヨミ ショウゲン レンゴウ セキグン
巻冊次 10 (浅間山荘四十周年シンポジウム)
出版元 皓星社
刊行年月 2012.8
ページ数 109p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7744-0474-5
全国書誌番号
22124894
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
当事者世代が語る 三上治, 塩見孝也, 鈴木邦男
映像でふりかえる 金廣志, 馬込伸吾 企
若い世代にとっての連合赤軍 ウダタカキ, 小林哲夫, 山本直樹, 赤岩友香, 雨宮処凛
連合赤軍事件が残したもの 大津卓滋, 森達也, 田原牧
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想