震える学校 : 不信地獄の「いじめ社会」を打ち破るために

山脇由貴子 著

ブラックボックス化した学校で、いったい何が起きているのか?いじめ被害者からの相談に「何もできない」とうなだれる学校、一日百通以上の誹謗メールを受ける教師の恐怖、他校から評判のよい学校が、アンケートでは「いじめ二桁」の謎…。子ども・教師・保護者の不信の連鎖が生み出す「いじめ社会」の本質を鋭く指摘し、相互不信の罠から抜け出すための実践法を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 子どもと大人の「いじめ」の連鎖(教師も巻き込まれるいじめの罠-一日百件の誹謗メール、「死ね」「レイプしてやる」
  • アンケートで「いじめナシ」の保身-学校のHPで情報を求め、子どもに試された教師たち
  • 「暴力教師」「わいせつ教師」を断罪?-相談室でわかった、教師誹謗の意外な「メリット」 ほか)
  • 第2部 子ども社会で何が起きているか?(Aちゃんはなぜ「加害者」になったか?
  • 「いじめ社会」の不信と権力の構造)
  • 第3部 「信頼される学校」のためのルール
  • あとがきにかえて-子どもたちの「愛情の器」を満たすために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 震える学校 : 不信地獄の「いじめ社会」を打ち破るために
著作者等 山脇 由貴子
書名ヨミ フルエル ガッコウ : フシン ジゴク ノ イジメ シャカイ オ ウチヤブル タメ ニ
出版元 ポプラ社
刊行年月 2012.9
ページ数 126p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-591-13089-6
NCID BB10285804
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22124397
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想