数学の苦手な人が書いた寄り道統計学 : 不確実な世界を生きる知恵

鈴木宏哉, 小林敬子 著

"統計データ"と上手く付き合うための、手掛かり&足掛かり。-日常生活にある場面から、統計学をリアルに学ぶ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 不確実な世界を生きるための知恵(リスクの捉え方
  • 知識獲得・情報抽出
  • モデリングと予測
  • さまざまなリスクを比較して意思決定する
  • 自動制御
  • 逆問題と生物系統樹
  • 生き残る確率)
  • 第2章 データを眺める方法(データ蓄積
  • データをまとめる
  • 1変量による検討
  • 2変量による検討 ほか)
  • 第3章 データの特徴(データ収集の仕方による分類
  • データが持つ情報量による分類 ほか)
  • 第4章 データの特徴を示す方法(データの代表値
  • データのばらつき具合 ほか)
  • 第5章 関係の強さを測る(相関関係
  • 相関係数の算出 ほか)
  • 補足(Excelとは
  • Excelを起動する ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 数学の苦手な人が書いた寄り道統計学 : 不確実な世界を生きる知恵
著作者等 小林 敬子
鈴木 宏哉
書名ヨミ スウガク ノ ニガテナ ヒト ガ カイタ ヨリミチ トウケイガク : フカクジツナ セカイ オ イキル チエ
出版元 東北大学出版会
刊行年月 2012.8
ページ数 174p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86163-193-1
NCID BB09945134
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22128929
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想