ゴリラは語る

山極寿一 著

自分の姿をじっくり見るには、鏡が必要です。同じように、人間がどういう生き物なのかを知りたいときに、よき鏡となってくれるのが、ぼくたちと祖先を同じくしているゴリラなのです。恋と友情の間で悩むのは、なぜ?家族の役割って、なに?戦争をするのは、なぜ?自然が必要なのは、なぜ?そんな難しい問いに、ゴリラはヒントをくれます。ゴリラたちの姿を通して、世界の見え方が変わる体験をしてみませんか?ゴリラの家にホームステイしてだいじなことを教わりました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに ゴリラは人間の「鏡」
  • ゴリラを研究する ゴリラ一家にホームステイ
  • 「自然のほほえみ」に出会う 武蔵野から屋久島、アフリカへ
  • ゴリラの教え1 会話と遊びで共感力を!
  • ゴリラの教え2 だれかのために生きる
  • ゴリラの教え3 争いは平和のために
  • ゴリラの教え4 エコ・ツーリズムという希望
  • おわりに 自然の冷たさと懐の深さと

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゴリラは語る
著作者等 山極 寿一
書名ヨミ ゴリラ ワ カタル
シリーズ名 15歳の寺子屋
出版元 講談社
刊行年月 2012.8
ページ数 94p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-06-217680-4
NCID BB11044938
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22125137
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想