マゼランの首

能戸清司 著

祖国を捨てマラヤ共産党の一員となった元日本兵の、最期の二十四時間(『夜は明けない』)。ベトナムがフランスから独立を勝ち取った日の朝、解放軍に従軍した一人の日本人の挫折と孤独(『朝の黄昏』)。十六世紀、イエズス会宣教師に伴われて来日し、信長に「土産品」として献上された黒人青年の絶望(『黒い孤独』)。長い航海の末、フィリピンに辿り着いたマゼランとその侵略に抵抗する若き倭寇との戦い(『マゼランの首』)。息詰まるような濃密な文体で、巨大な歴史の渦の中に巻き込まれていった人間の宿命を描く。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マゼランの首
著作者等 能戸 清司
書名ヨミ マゼラン ノ クビ
書名別名 Mazeran no kubi
出版元 幻冬舎ルネッサンス
刊行年月 2012.8
ページ数 240p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7790-0889-4
NCID BB11131158
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22120950
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
マゼランの首 能戸 清司
夜は明けない 能戸 清司
朝の黄昏 能戸 清司
黒い孤独 能戸 清司
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想