空間デザインの原点 : 建築人間工学

岡田光正 著

「日本建築学会大賞」を受賞した著者の永年にわたる講義ノートのエッセンスを集成。人間の知覚、空間の構成要素、さらには人間・群集の行動法則、人口と密度の関係に至るまで、空間デザインの手法をビジュアルに解説した「建築人間工学」の先駆の書。第2版では、とくに少子高齢化にともなう人口問題に関し、大幅な加筆修正を行なった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 視覚の法則とデザインの手法
  • 2章 感性の人間工学
  • 3章 設計と寸法の論理
  • 4章 空間における知覚と行動法則
  • 5章 行動の時間的法則性
  • 6章 群集の行動法則
  • 7章 建築と都市における人口と密度-ミクロの人口学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 空間デザインの原点 : 建築人間工学
著作者等 岡田 光正
書名ヨミ クウカン デザイン ノ ゲンテン : ケンチク ニンゲン コウガク
出版元 理工学社
刊行年月 2012.9
版表示 第2版.
ページ数 196p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-8445-3129-6
NCID BB10156062
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22122830
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想