韓国女子刑務所ギャル日記

あき 文・絵 ; 石原伸司 監修

「何日か遊んで、荷物を持って帰ってくるだけ」軽い気持ちで引き受けたアルバイトが、すべてのはじまりだった-。ハタチのギャルが海外で体験した3年間の刑務所生活を、獄中日記と語りで描いた異色のノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 私が逮捕されるまで
  • 第2章 拘置所の中
  • 第3章 女の戦い
  • 第4章 永登浦への移送
  • 第5章 韓国の女子刑務所
  • 第6章 痛みを超えて、強くなる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 韓国女子刑務所ギャル日記
著作者等 あき
石原 伸司
書名ヨミ カンコク ジョシ ケイムショ ギャル ニッキ
書名別名 Kankoku joshi keimusho gyaru nikki
出版元 辰巳
刊行年月 2012.9
ページ数 159p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7778-1042-0
NCID BB1035299X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22121676
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想