口が覚えるブラジルポルトガル語 : スピーキング体得トレーニング

髙阪香津美 著

文法はひと通りやった。成績だって悪くない。なのに、会話でポルトガル語が出てこない方に。あなたに足りないのは口慣らしトレーニング。パターンごとに繰り返し練習すれば条件反射でポルトガル語が出てくるようになる。使いたくなる520例文を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 口慣らし(ser動詞
  • 形容詞
  • 現在形(規則動詞) ほか)
  • 第2章 強化訓練(日常よく用いられる表現
  • 天候・天気
  • 日付・曜日・月・季節 ほか)
  • 第3章 ステップアップ(感嘆文・祈願文・間投詞
  • 命令文
  • 接続法名詞節 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 口が覚えるブラジルポルトガル語 : スピーキング体得トレーニング
著作者等 高阪 香津美
髙阪香津美
書名ヨミ クチ ガ オボエル ブラジル ポルトガルゴ : スピーキング タイトク トレーニング
出版元 三修社
刊行年月 2012.9
ページ数 118p
大きさ 21cm
付随資料 録音ディスク(2枚 12cm)
ISBN 978-4-384-05706-5
NCID BB10388308
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22120622
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想