子ども期の養育環境とQOL(クオリティ・オブ・ライフ)

菅原ますみ 編

世帯年収、親の養育態度、メディアへのかかわり方、発達障害との関連、地域の保健サービスのあり方などは、子どもの発達や健康にどのような影響を及ぼすのだろうか。子どもの幸せを「測定」することから、格差社会における子育ての課題と支援の方向性をさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 子ども期のQOLと貧困・格差問題に関する発達研究の動向
  • 2章 学童期のQOLと心の問題
  • 3章 青年期のQOLと学校適応
  • 4章 子どものメディアライフとQOL
  • 5章 環境心理学からみた子育て環境のクオリティ
  • 6章 幼児期の問題行動と家庭力
  • 7章 発達障害のある子どもたちと養育環境
  • 8章 養育環境格差を乗り越える医療サービスの在り方-発達障害をもつ子どもを地域で守り育てるために
  • 9章 開発途上国の子どもたちのQOL

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子ども期の養育環境とQOL(クオリティ・オブ・ライフ)
著作者等 お茶の水女子大学
菅原 ますみ
書名ヨミ コドモキ ノ ヨウイク カンキョウ ト クオリティ オブ ライフ
書名別名 子ども期の養育環境とQOL

Kodomoki no yoiku kankyo to kuoriti obu raifu
シリーズ名 お茶の水女子大学グローバルCOEプログラム格差センシティブな人間発達科学の創成 1巻
出版元 金子書房
刊行年月 2012.9
ページ数 169p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7608-9534-2
NCID BB10241558
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22121541
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想