大谷探検隊研究の新たな地平 : アジア広域調査活動と外務省外交記録

白須淨眞 著

20世紀初頭、各国の思惑が入り乱れる内陸アジアに入った大谷探検隊。仏跡調査を目ざすこの隊を、英・露・清国、そしてチベットのダライ・ラマ13世は、どのように見たのか。また小村寿太郎と続く内田康哉外務大臣は、各国の抗議にどのように対処したのか。新資料・外務省外交記録がその知られざる真相を詳細に浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 第一次大谷探検隊(1902〜1904)に関する外務省外交記録(1903年3月の第一次大谷隊に対する露国の抗議と外務省の対応-「明治三十六年三月、本願寺僧侶中央亜細亜旅行中ノ行動ニ関スル件」について
  • 大谷探検隊パミールを越える詩一首)
  • 第2編 第二次大谷探検隊派遣直前(1908)の外務省外交記録(1908年8月の清国五臺山における一会談と国際政治社会への波紋-清国へ蒙塵中のダライラマ13世と西本願寺の接触
  • 1908年、堀賢雄が撮影した五臺山-100余年前のガラス乾板写真から)
  • 第3編 第二次大谷探検隊(1908〜1910)に関する外務省外交記録(大谷光瑞がダライラマ13世に宛てた1910年2月7日付け英文書簡-大谷探検隊に対する英国・英国インド政庁及び外務省の対応
  • 野村栄三郎による第三次大谷探検隊の消滅と新・三次隊の編成-英国インド政庁のカラコルム・パス通過拒否とその余波
  • 大谷光端とチベット-その研究の展望
  • 能海寛チベットへの旅立ち-明治青年仏僧は、なぜ入蔵を試みたのか
  • 大谷探検隊に触れることを避けた『カシュガール滞在記』-在カシュガル英国総領事・マカートニ夫人の記録)
  • 第4編 第三次大谷探検隊(1910〜1914〜)に関する外務省外交記録(京都における敦煌学の興隆と第三次大谷探検隊-大谷光瑞と羅振玉
  • 第三次大谷探検隊将来墓表・墓誌と羅振玉-トゥルファン諸古墳群出土漢文墓表・墓誌研究の始まり
  • 第三次大谷探検隊・橘瑞超の消息不明とその探索-関係外交記録の整理と、ことの経緯)
  • 第5・付編 関連諸論と資料(外務本省における「公信」の接受と発遣-第三次大谷探検隊に係わる「公信」と唐代官文書の対比
  • 大谷探検隊、その歴史学的認識への試み
  • 「大谷伯一向ノ動静ニ関スル件」-明治43(1909)年1月24日、在カルカッタ総領事代理・平田知夫が外務大臣伯爵小村寿太郎へ送付した機密交信の録文)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大谷探検隊研究の新たな地平 : アジア広域調査活動と外務省外交記録
著作者等 白須 浄真
白須 淨眞
書名ヨミ オオタニ タンケンタイ ケンキュウ ノ アラタ ナ チヘイ : アジア コウイキ チョウサ カツドウ ト ガイムショウ ガイコウ キロク
書名別名 Otani tankentai kenkyu no arata na chihei
出版元 勉誠
刊行年月 2012.8
ページ数 38,384p
大きさ 23cm
ISBN 978-4-585-22040-4
NCID BB10123540
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22127395
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想