体あたり現代短歌

河野裕子 著

全身全霊で短歌と向き合った著者の原点。今もなお語り継がれる河野裕子。彼女を支え続けた「原始のいのち」とは何か。女歌に新たな風を吹き込んだ渾身の第一評論集復刊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1(いのちを見つめる-母性を中心として
  • 身体の歌 ほか)
  • 2(桜の歌-時間と空間
  • 桜の歌をめぐって-新古今集と万葉集)
  • 3(母性の歌-五島美代子の歌
  • 若き日のかなしみ-真鍋美恵子の歌 ほか)
  • 時評(軽く薄い歌-多すぎる発表の場
  • 面白い歌-小池光「日々の思い出」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 体あたり現代短歌
著作者等 河野 裕子
書名ヨミ タイアタリ ゲンダイ タンカ
シリーズ名 角川短歌ライブラリー
出版元 角川グループパブリッシング
角川学芸
刊行年月 2012.8
ページ数 238p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-04-652617-5
NCID BB10474829
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22128404
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想