死をみつめて生きる

上田正昭 著

自然を克服するのではなく師として学び、順応するための知識を積み重ねてきた日本人の自然観は、どのように作られたのか。神もその多くは死ぬと考えた日本人の死生観はどこから来るのか。木や山などの自然物を神体とする信仰、夕焼けへよせる格別な想いなど、私たちが古くから親しんできた自然観・死生観をキーワードに、自然を人間とともに生き、活用するものととらえ、今をよりよく生きる道を思索する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめの章
  • 第1章 自然との調和
  • 第2章 鎮守の森と南方熊楠
  • 第3章 死をみつめて生きる
  • 第4章 鎮魂の伝統
  • 第5章 日本人の他界観
  • 第6章 万有生命信仰

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死をみつめて生きる
著作者等 上田 正昭
書名ヨミ シ オ ミツメテ イキル : ニホンジン ノ シゼンカン ト シセイカン
書名別名 日本人の自然観と死生観

Shi o mitsumete ikiru
シリーズ名 角川選書 511
出版元 角川グループパブリッシング
角川学芸
刊行年月 2012.8
ページ数 179p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-04-703511-9
NCID BB09998662
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22117171
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想