アメリカの分権と民間活用

渋谷博史, 根岸毅宏 編

「分権的な小さな政府」と民間活用(NPO等)のシステムは、アメリカ自由社会の根本条件である。その本質を税制、福祉、医療、交通政策の分野の検討を通して解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 アメリカの分権システムをみる眼
  • 第1章 バージニア州の分権システム-福祉改革を支える郡政府と民間団体のパートナーシップ
  • 第2章 アメリカのNPOと租税優遇措置
  • 第3章 フェデラリズムと政策の不安定性-現代アメリカのフェデラリズムにおける集権化と分権化
  • 第4章 通勤支援とリバース通勤-分権化問題とサービス提供システム
  • 第5章 アメリカにおける州・連邦政府の医療保険規制-規制の分権性と州政府の主導性
  • 第6章 オバマ医療保険改革-無保険者問題の地域性と分権的な無保険者対策

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカの分権と民間活用
著作者等 根岸 毅宏
渋谷 博史
書名ヨミ アメリカ ノ ブンケン ト ミンカン カツヨウ
書名別名 Amerika no bunken to minkan katsuyo
シリーズ名 アメリカの財政と分権 / 渋谷博史 監修 1
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2012.8
ページ数 239p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8188-2230-6
NCID BB09983643
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22118539
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想