放牧酪農の展開を求めて : 乳文化なき日本の酪農論批判

柏久 編著

[目次]

  • 放牧酪農の展開を求めて
  • 第1部 需要(消費)サイドから(牛乳消費の史的展開と現状
  • UHT牛乳席巻の背景
  • 消費者の牛乳に対する意識 ほか)
  • 第2部 供給(生産)サイドから(酪農の特質と企業性
  • 酪農の史的展開と危機的現状
  • 加工型酪農の進展と飼料政策 ほか)
  • 第3部 新しい酪農の可能性(草地における土づくりとは
  • 放牧酪農の可能性はあるか
  • 日本の酪農は自由化(TPP)に耐えられるか-NZ酪農との比較を前提に)
  • 乳文化の形成と新しい酪農への期待

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 放牧酪農の展開を求めて : 乳文化なき日本の酪農論批判
著作者等 冨吉 満之
北野 慎一
大西 恒平
小西 良明
望月 康平
杉岡 良彦
松中 照夫
柏 久
荒木 和秋
書名ヨミ ホウボク ラクノウ ノ テンカイ オ モトメテ : ニュウブンカ ナキ ニホン ノ ラクノウロン ヒハン
書名別名 Hoboku rakuno no tenkai o motomete
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2012.8
ページ数 292p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8188-2234-4
NCID BB09999778
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22118651
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想