カメラが撮らえた会津戊辰戦争

『歴史読本』編集部 編

会津松平家は藩祖保科正之以来、儒学と神道を尊ぶ独自の思想を培っていた。その精神は「会津士魂」と呼ばれる。幕末動乱期、戊辰戦争において旧幕府側の一大勢力と目された会津藩は怒濤の如く攻め寄せる新政府軍の全面攻撃にさらされる。白虎隊・娘子隊の悲劇など会津人の魂を賭けた壮絶な戦いの全貌を多数の貴重な写真・戦況地図・資料をつかって再現する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 会津藩と戊辰戦争(奥羽越列藩同盟-その成立から解体まで
  • 会津の士風と教育
  • 白虎隊士の精神
  • 戦況ドキュメント 会津方面戦線)
  • 第2部 資料編(東軍参加隊士名簿
  • 西軍参加隊士名簿
  • 軍備
  • 東軍・西軍組織図
  • 詳細戦闘年表)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カメラが撮らえた会津戊辰戦争
著作者等 新人物往来社
歴史読本編集部
『歴史読本』編集部
書名ヨミ カメラ ガ トラエタ アイズ ボシン センソウ
出版元 新人物往来社
刊行年月 2012.8
ページ数 128p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-404-04238-5
NCID BB10168607
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22118537
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想