私はホロコーストを見た : 黙殺された世紀の証言1939-43  上

ヤン・カルスキ 著 ; 吉田恒雄 訳

『ショアー』の証人の一人、ポーランド・レジスタンスの密使ヤン・カルスキが、1944年世界に向けて発信した奇跡的な証言。ポーランドの敗北から、命がけの諜報活動、ゲシュタポによる拷問、自殺未遂、そして病院からの脱出劇までを描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 敗北
  • ソ連抑留
  • 捕虜交換と脱走
  • 荒廃のポーランド
  • 事の始まり
  • 変貌
  • 第一歩
  • ボジェンツキ
  • ルヴフ
  • フランスでの任務
  • 秘密国家(1)
  • 転落
  • ゲシュタポの拷問
  • 病院にて
  • 救出

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 私はホロコーストを見た : 黙殺された世紀の証言1939-43
著作者等 Karski, Jan
吉田 恒雄
カルスキ ヤン
書名ヨミ ワタクシ ワ ホロコースト オ ミタ : モクサツ サレタ セイキ ノ ショウゲン センキュウヒャクサンジュウキュウ ヨンジュウサン
書名別名 Mon temoignage devant le monde

The Story of a Secret State

Watakushi wa horokosuto o mita
巻冊次
出版元 白水社
刊行年月 2012.9
ページ数 335p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-560-08234-8
NCID BB1003354X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22131799
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想