日産自動車の盛衰 : 自動車労連会長の証言

塩路一郎 著

かつてトヨタと共に日本の二大総合自動車メーカーとして発展し、「技術の日産」「輸出の日産」と言われた日産自動車が、4兆円超の有利子負債を抱えて経営が破綻、フランスの国営企業ルノーに救済を求め連結子会社になるまでに凋落した。いったい何があったのか。英国工場進出で労組が反対の記者会見をして以来、労使の対立抗争がマスコミを賑わせたが、やがて会社が仕掛けたスキャンダルで表舞台から去った自動車労連会長の証言。いまその歴史の真実が明らかになる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 形成期-昭和二十八年〜三十九年(一九五三〜一九六四)(全自動車日産分会と民主化運動
  • 日産労組の結成と活動)
  • 第2部 発展期-昭和四十年〜五十一年(一九六五〜一九七六)(日産・プリンスの合併
  • 産業別組織の結集-自動車労協から自動車総連へ
  • 私とILO)
  • 第3部 挫折期-昭和五十二年〜六十一年(一九七七〜一九八六)(日米自動車摩擦と労働外交
  • 日産迷走経営の真実
  • 日産崩壊もう一つの要因)
  • 第4部 塩路後の日産(日産自動車の崩壊
  • 史実の改竄)
  • 多国籍企業問題と日本の課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日産自動車の盛衰 : 自動車労連会長の証言
著作者等 塩路 一郎
書名ヨミ ニッサン ジドウシャ ノ セイスイ : ジドウシャ ロウレン カイチョウ ノ ショウゲン
書名別名 Nissan jidosha no seisui
出版元 緑風
刊行年月 2012.8
ページ数 477p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8461-1214-1
NCID BB10014013
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22117585
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想