いのちの倫理

大庭健 著

生死の問題を直視しながら、現在が問うべき倫理・生き方について渾身の力で書き下ろした読者渇望の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生まれなければよかった…
  • 第2章 生きる、誰も代わってくれない
  • 第3章 いのちの運用…、「人生の経営」学
  • 第4章 私のいのちは、私のものか
  • 第5章 苦悩への共感-いのちはその人のもの…(?)
  • 第6章 「私有化」という囲い込み-いのちとの関係の逆転
  • 第7章 分かち合いの衰退-見て見ぬふり‐相互無関心
  • 第8章 いのちのつながりのなかで-いのちの側からの視点へ
  • エピローグ-いのちのリレー(?)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いのちの倫理
著作者等 大庭 健
書名ヨミ イノチ ノ リンリ
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2012.9
ページ数 253p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7795-0620-8
NCID BB10009909
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22122121
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想