20歳は過ぎたけれど  『ママはぽよぽよザウルスがお好き』リュウ&アン成人編

青沼貴子 著

伝説的育児漫画『ママぽよ』から15年あまり。当時、幼稚園児だった息子リュウと娘アンも成人式を終え、すっかり大人に…なってない!子どもと一緒に暮らせるのはせいぜい20歳までだと思ってたけれど、なんだかまだ家にいるし、出ていく気配もない…。成人した子どもたちを、親はどんなふうに見守るべき?そして、「やりたいこと」と「できること」のはざまで揺れる2人の行く末やいかに!?同世代の子どもをもつ親御さんたちにエールを送る、子育ての「その後」を描いたコミックエッセイです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ウチには大人が4人いる
  • アンの晴れ舞台
  • オーディションはつらいよ
  • ニューヨークでダンスレッスン
  • リュウの1日
  • 息子の助手席に乗って
  • 息子はつれないBF
  • インドからのSOS1 アンのメール編
  • インドからのSOS2 アンの爆走編
  • 22歳の方向転換〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 20歳は過ぎたけれど
著作者等 青沼 貴子
書名ヨミ ハタチ ワ スギタ ケレド
書名別名 Hatachi wa sugita keredo
巻冊次 『ママはぽよぽよザウルスがお好き』リュウ&アン成人編
出版元 メディアファクトリー
刊行年月 2012.8
ページ数 127p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8401-4691-3
全国書誌番号
22115778
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想