幕末の魁、維新の殿 : 徳川斉昭の攘夷

小野寺龍太 著

維新の実現に最も貢献したのは誰か。"攘夷"という主義に殉じた水戸藩からみた異色の幕末維新史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 水戸藩の特殊性(『大日本史』と藤田幽谷の水戸学
  • 水戸斉昭の登場と内紛の始まり
  • 斉昭の新政と申辰の御国難
  • 結城党の転化と「正義派」の運動
  • 結城一派の壊滅)
  • 第2章 攘夷か開国か(ペリーの来航と水戸斉昭の秘策
  • 斉昭の京都手入れ
  • 継嗣問題と条約不勅許
  • 井伊直弼の独断調印と斉昭の不時登城
  • 蜜勅降下と水戸藩の逡巡)
  • 第3章 桜田門外の変と坂下門外の変(安政の大獄と水戸藩
  • 勅諚返納問題と長岡屯集
  • 桜田事件と丙辰丸盟約
  • 東禅寺討ち入りと坂下門外の変
  • 薩摩の公武合体と長州の尊攘)
  • 第4章 熱狂的攘夷運動とその終焉(尊攘派、京都を圧する
  • 公武合体派の分解と生麦償金支払い
  • 八月十八日の政変
  • 一橋慶喜の「ぬるま湯」攘夷
  • 水戸天狗党の旗揚げ)
  • 第5章 水戸藩尊攘派の壊滅(元治甲子禁門の変
  • 攘夷の終焉と水戸城下の戦い
  • それぞれの水戸戦争
  • 武田勢の壊滅
  • 時代に取り残されて
  • 市川党の全滅)
  • エピローグ (明治になって)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幕末の魁、維新の殿 : 徳川斉昭の攘夷
著作者等 小野寺 龍太
書名ヨミ バクマツ ノ サキガケ イシン ノ シンガリ : トクガワ ナリアキ ノ ジョウイ
書名別名 Bakumatsu no sakigake ishin no shingari
出版元 弦書房
刊行年月 2012.8
ページ数 294p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86329-078-5
NCID BB10671229
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22125472
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想