生みの母 : 小説

久松一声 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 初夏の杜 / 1
  • 二 懷かしい人 / 4
  • 三 飯だ飯だ / 9
  • 四 同情の言葉 / 12
  • 五 寂しい身 / 18
  • 六 晩酌 / 21
  • 七 猫撫聲 / 26
  • 八 毒舌 / 31
  • 九 溝へ捨てる命 / 36
  • 一〇 凄い微笑 / 40
  • 一一 二人の影 / 44
  • 一二 軒の蚊柱 / 48
  • 一三 血の涙 / 54
  • 一四 朝凉 / 57
  • 一五 論爭 / 63
  • 一六 不快の感 / 67
  • 一七 謝絶 / 71
  • 一八 出來星紳士 / 75
  • 一九 發狂扱い / 79
  • 二〇 愚痴の涙 / 83
  • 二一 囁き / 87
  • 二二 疑心 / 92
  • 二三 決心 / 94
  • 二三ノ一 強欲 / 100
  • 二四 意外の人 / 104
  • 二五 眞の親子 / 108
  • 二六 哀しい義理 / 112
  • 二七 夜半の道 / 116
  • 二八 下宿屋 / 121
  • 二九 驚愕 / 127
  • 三〇 陰の噂 / 132
  • 三一 自亡自棄 / 136
  • 三二 胸中の苦痛 / 140
  • 三三 初秋 / 145
  • 三四 尋ね人 / 149
  • 三五 空家 / 153
  • 三六 水茶屋 / 158
  • 三七 箕面の里 / 162
  • 三八 居酒屋 / 167
  • 三九 密談 / 171
  • 四〇 紙幣の束 / 177
  • 四一 首途 / 182
  • 四二 籠行燈 / 188
  • 四三 落花狼藉 / 193
  • 四四 邂逅 / 200
  • 四五 寺の一室 / 202
  • 四六 死の宣告 / 206
  • 四七 夢乎現乎 / 211
  • 四八 捕縛 / 215
  • 四九 口一ツで / 220
  • 五〇 惡人の謀計 / 224
  • 五一 同情 / 231
  • 五二 陷計 / 241
  • 五三 姫樣の心盡 / 248
  • 五四 貸家札 / 255
  • 五五 實母の行衞 / 260
  • 五六 乳母の在所 / 269
  • 五七 兜を脱げ / 274
  • 五八 大變な事 / 279
  • 五九 隣室の話 / 287
  • 六〇 他人行儀 / 294
  • 六一 三十前後の男 / 305
  • 六二 鬼の目にも泪 / 315
  • 六三 書生 / 320
  • 六四 ヱツ行衛がツ / 326
  • 六五 死の決心 / 332
  • 六六 危機一髮 / 340
  • 六七 晴天の霹靂 / 345
  • 六八 胸中の自白 / 349
  • 六九 天網恢々 / 353
  • 七〇 性は善 / 358

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 生みの母 : 小説
著作者等 久松 一声
書名ヨミ ウミ ノ ハハ : ショウセツ
出版元 榎本書店
刊行年月 大正13
ページ数 363p
大きさ 20cm
全国書誌番号
42021587
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想