出家とその弟子

倉田百三 著

一高在学中から西田幾多郎に傾倒し、のち宗教文学に一境地を拓いた倉田百三(一八九一‐一九四三)の代表作。浄土真宗の開祖親鸞を主人公とした本書は、生き方に悩む人々の心を捉え、のち各国語に訳され、海外にも数多くの読者を得た。ロマン・ロランのフランス語版への序文を付す。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 出家とその弟子
著作者等 倉田 百三
書名ヨミ シュッケ ト ソノ デシ
出版元 岩波書店
刊行年月 大正7
版表示 6版
ページ数 293p
大きさ 20cm
ISBN 4000072692
NCID BA62853764
BA76926516
BA80340841
BN01529276
BN07687677
BN09421295
BN10357910
BN11090339
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
42021353
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
出家とその弟子 倉田 百三
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想