情報教育シンポジウム論文集

情報処理学会コンピュータと教育研究会 編

この本の情報

書名 情報教育シンポジウム論文集
著作者等 情報処理学会
書名ヨミ ジョウホウ キョウイク シンポジウム ロンブンシュウ
シリーズ名 IPSJ symposium series vol. 2011 no. 4
情報処理学会シンポジウムシリーズ vol. 2011 no. 4
出版元 情報処理学会
刊行年月 2011.8
ページ数 168p
大きさ 26cm
NCID BA75955949
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22111502
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
CSアンプラグドを日本の小学校で行うための学習目標の学習指導要領へのマッピングの試み 兼宗進, 堀田龍也, 石塚丈晴
FPGA評価ボードを使ったインターフェースの実験演習 山之上卓
PBLによる情報戦略教育の考慮点 戸沢義夫
「情報B」におけるアルゴリズムの学習について 野部緑
オブジェクト指向言語におけるクラス定義の意味とオブジェクトの振舞いを理解するためのワークベンチ 三浦元喜, 杉原太郎
カリキュラム標準J07-CSとCC2001CSの比較に関する報告 山口和紀, 関谷貴之
コンテンツ制作現場から見たデジタル教材の現状と課題 対馬英樹
セッション1
セッション2
セッション3
セッション4
セッション5
セッション6
タイピング学習手法の提案と検証 田村啓, 高岡詠子
デジタル教科書に関する大学生の意識調査と結果 立田ルミ
フィジカル・アセスメントスキル習得における学習者支援へのモデリング導入の提案 鍋田真一
プログラミングをはじめて学ぶためのスクリプト言語の開発と教育実践 倉光君郎
プログラミング入門教育におけるモチベーションと成績の関係 今野紀子, 土肥紳一, 宮川治
ポスター・デモセッション
マルチマウスクイズを活用した小学校の授業における評価 周娟
中学校におけるアルゴリズム教育のためのカリキュラム作成と授業実践 山崎剛, 山崎謙介
企業連携による直観的なWebアプリケーション開発教育の実践 佐藤直, 増山一光
作問演習において理解度向上を支援する作問手順の検討 小谷篤司
初等プログラミングから設計レベルまでを対象としたオブジェクト指向教育のための支援システムの提案 大城正典, 永井保夫
問題の出題パターンに着目した難易度推定法に関する提案 池田信一
地域の知識ベース充実へ向けた「ご当地検定」用作問支援システムの研究 菅原遼介
大震災で見えてきた情報教育の課題 奥村晴彦, 藤間真, 辰己丈夫
小中高連携を意識した知財教育の実践. 1 山崎謙介, 森棟隆一
情報処理教育について 都倉信樹
招待講演1
招待講演2
日本・韓国・中国大陸・台湾の言語を踏まえたコンピュータサイエンスアンプラグドの翻案・発展の検討 和田勉
農作物の成長過程と農作業のモニタリングシステムの構築 吉田昌平
高等教育における新しい情報リテラシー 稲垣知宏
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想