水墨画・屋久島を描く : 創作の喜び、秀作100選

全国水墨画美術協会 編著

縄文杉で知られる屋久島は一九九三(平成五年)年、白神山地と共にわが国最初の世界遺産に登録された。その豊かな自然は太古の生態系を保ち"植物の宝庫""緑の原郷""最後の秘境""海上アルプス""水の島"等々と賛辞されてきた。本書はその神秘的な屋久島の魅力-空気・水・森・滝・渓谷・海などの生命エネルギーの輝きを、雲霧を描くのに最も適している水墨画で描いたものである。第一線で活躍中の画家たちの競作をぜひお楽しみください。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 屋久島は自然美の宝庫(芝龍郎)
  • 雨、霧、霞、雲を描く(礒見栄岳)
  • 屋久島回想記(星野栄華)
  • 神々の棲む森(王子江)
  • 想像以上の美しさに満足(笹川春艸)
  • 神秘の森と山を描く(田中悳吾)
  • 神秘的魅力を備えた場所(小城康子)
  • 樹の生命を視つめる(松田高明)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 水墨画・屋久島を描く : 創作の喜び、秀作100選
著作者等 全国水墨画美術協会
書名ヨミ スイボクガ ヤクシマ オ エガク : ソウサク ノ ヨロコビ シュウサク ヒャクセン
シリーズ名 秀作水墨画描法シリーズ 45
出版元 秀作社
刊行年月 2012.8
ページ数 86p
大きさ 30cm
ISBN 978-4-88265-512-1
NCID BB10689676
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22118787
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想