はじめてのゲーム理論 : 2つのキーワードで本質がわかる

川越敏司 著

経済学の分析道具として発展したゲーム理論は生きるための多くの知恵も与えてくれる。「利己的な人」を想定したナッシュ均衡と、「全員の利益」を最大化するパレート効率性が一致しないジレンマ。その解決のために考えられるさまざまなメカニズム・デザインと、理想のルール設計は不可能であるとする不可能性定理-人間社会の限界をも示唆するゲーム理論を学んで、したたかに生きよう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ナッシュ均衡とパレート効率性
  • 第2章 混合戦略とナッシュ均衡
  • 第3章 協調問題
  • 第4章 知識と情報の問題
  • 第5章 メカニズム・デザイン論
  • 第6章 不可能性定理
  • 第7章 量子ゲーム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 はじめてのゲーム理論 : 2つのキーワードで本質がわかる
著作者等 川越 敏司
書名ヨミ ハジメテ ノ ゲーム リロン : フタツ ノ キー ワード デ ホンシツ ガ ワカル
書名別名 Hajimete no gemu riron
シリーズ名 ブルーバックス B-1782
出版元 講談社
刊行年月 2012.8
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257782-3
NCID BB09922150
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22116306
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想