結婚式の夜の誘惑

キャロル・マリネッリ 作 ; 柿原日出子 訳

コニーは地元の名士である父親の決めた相手と結婚することになるが、ベッドをともにする直前、彼から同性愛者であると告げられる。コニーとの結婚は、その事実を取り繕うためだったと知り、泣き崩れていると、ある男性に声をかけられた。これまで見たこともないほどハンサムでセクシーな体-ニコと名乗る男性に彼女はひと目で惹かれた。「泣くのはやめて、僕と一緒に来ればいい」夢に見ていた初夜にせめて女としての幸せを知りたくて、コニーはその夜をニコと過ごした。その幸せがのちに悲しみに変わるとは想像もしなかった。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 結婚式の夜の誘惑
著作者等 Marinelli, Carol
柿原 日出子
マリネッリ キャロル
書名ヨミ ケッコンシキ ノ ヨル ノ ユウワク
書名別名 A SHAMEFUL CONSEQUENCE
シリーズ名 愛を知らない男たち 1
ハーレクイン・ロマンス 1
出版元 ハーレクイン
刊行年月 2012.9
ページ数 156p
大きさ 17cm
ISBN 978-4-596-12771-6
全国書誌番号
22115047
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想