だれでも一度は、処女だった。

千木良悠子, 辛酸なめ子 著

気になるそのこと、その後のこと。徹底的に、聞いてみた。お母さん、おばあちゃん、お医者さんや学者さんにも。20代から80代まで総勢56名、人生の諸先輩たちからの稀有なレポート。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 お母さんに聞いてみた(お母さん(54歳)家族には言えない話)
  • 第1章 女の人に聞いてみた(10代〜20代(ユカリさん(18歳)なにかを乗り越えた気がした
  • 真理さん(21歳)理想の形ではなかったけれど…。 ほか)
  • 30代〜40代(ノゾミさん(30歳)家に帰ってトイレで仰天!
  • さなえさん(30歳)別れまで考えた ほか)
  • 50代〜70代(みづえさん(53歳)話したことのない記憶
  • ナミさん(63歳)なんてみっともないんだろう ほか))
  • 第2章 処女の人に聞いてみた(フジコさん(23歳)ビックリして逃げちゃった!
  • ふうこさん(25歳)女子として扱われるのが恥ずかしい ほか)
  • 第3章 男の人にも聞いてみた(純太さん(32歳)/健一さん(37歳)/アキラさん(38歳)/シゲルさん(47歳)/万起夫さん(49歳)僕たちの「処女」対験
  • のぼるさん(31歳)それをきっかけにつきあうことに ほか)
  • 第4章 さらに聞いてみた(リョウタさん(30歳)、カズフミさん(34歳)なにかが変わると思ってたのに
  • けいたさん(31歳)友達みんながよろこんでくれた ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 だれでも一度は、処女だった。
著作者等 千木良 悠子
辛酸 なめ子
書名ヨミ ダレデモ イチド ワ ショジョ ダッタ
書名別名 Daredemo ichido wa shojo datta
シリーズ名 よりみちパン!セ P049
出版元 イースト・プレス
刊行年月 2012.8
ページ数 322p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7816-9052-0
NCID BB10008688
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22117622
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想