銀粘土の造形と技法

緑川裕子 著

粘土のように、自由自在な感覚で楽しめる本格的なシルバージュエリーづくり。ガラスや磁器、真鍮(しんちゅう)など、いろんな素材との組み合わせができ、これまでにないバリエーションに富んだ作品表現が可能。「銀粘土」の基礎知識、作品づくりに必要な道具や工具など、写真やイラストをつかって、できるだけ分かりやすく解説した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 素材について(銀粘土「アートクレイシルバー」とは?
  • 銀粘土が純銀になる仕組み
  • 基本的な制作工程 ほか)
  • 道具とその使い方(造形に使う道具
  • 乾燥に使う道具
  • 修正に使う道具 ほか)
  • 作品づくりの実際(粘土タイプを使った造形技法
  • スロードライを使った造形技法
  • ペーストタイプを使った造形技法 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 銀粘土の造形と技法
著作者等 緑川 裕子
書名ヨミ ギンネンド ノ ゾウケイ ト ギホウ
出版元 広隆社
河出書房新社
刊行年月 2012.8
ページ数 92p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-309-90958-5
NCID BB12145792
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22118621
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想