哲学は身近にありて想うもの : 科学的考え方のすすめ

高宮守 著

本当に住みよい社会を目指し人間らしく生きるためには正しい哲学が必要です。『史記』はじめ古典で知られた逸話の中に、また、歴史に記録された事実の中に、日々を生きる基本となる科学的考え方のヒントをたずね学びましょう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 科学的哲学の道
  • 第1章 唯物論的に考えた人たち(科学的な考え方
  • 占い、縁起、幽霊
  • 観念論
  • 悟り
  • 唯物論)
  • 第2章 弁証法的に考えた人たち(弁証法
  • 弁証法の法則)
  • 第3章 社会と歴史の科学的考え方(社会と歴史の考え方
  • 現代社会
  • 未来社会)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 哲学は身近にありて想うもの : 科学的考え方のすすめ
著作者等 高宮 守
書名ヨミ テツガク ワ ミジカ ニ アリテ オモウ モノ : カガクテキ カンガエカタ ノ ススメ
出版元 かもがわ出版
ウインかもがわ
刊行年月 2012.8
ページ数 175p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-903882-42-0
NCID BB10455314
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22127083
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想