蠟燭の炎は燃え尽きる寸前に強く赤く揺らぐ : オリジナル長編老欲エロス

勝目梓 著

いくつになろうとも、人は生きている証を求めようとする。老いを迎えた男と女が生の瞬間を確かめるために、己の性と向き合う。自ら建てた貸しバンガローで夜な夜な他人の秘め事をのぞき見る男、街で声をかけてきた見知らぬ淑女に仕置きする快楽を教えられた男…歳を重ねたからこそ激しく燃える「生と性」の6つの物語。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 蠟燭の炎は燃え尽きる寸前に強く赤く揺らぐ : オリジナル長編老欲エロス
著作者等 勝目 梓
書名ヨミ ロウソク ノ ホノオ ワ モエツキル スンゼン ニ ツヨク アカク ユラグ : オリジナル チョウヘン ロウヨク エロス
書名別名 Rosoku no hono wa moetsukiru sunzen ni tsuyoku akaku yuragu
シリーズ名 双葉文庫 か-03-32
出版元 双葉社
刊行年月 2012.8
ページ数 249p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-575-51519-0
全国書誌番号
22108961
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想