大日本皇国国体要論

中川周順 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序文 發論の大意
  • 國原章第壹、 國の原由來歴を明かす / 1
  • 第一條 國原及皇統略歴 / 1
  • 第二條 民族の系統及習性 / 7
  • 國名章第二、 國名の義を明かす / 8
  • 第一條 神國の解 / 8
  • 第二條 言の國の解 / 8
  • 第三條 「やまと」の國の解 / 10
  • 第四條 日本國の解 / 13
  • 第五條 「まこと」の國の解 / 14
  • 國體章第三、 國體の大義を明かす / 14
  • 生本章第四、 生の本原の義を明かす / 15
  • 第一條 生の解 / 15
  • 第二條 生の本原の解 / 16
  • 第三條 神は生の本原たるの解 / 16
  • 第四條 前條に次く國語「かみ」の解 / 17
  • 第五條 天皇は生の本原たるの解 / 18
  • 第六條 前條に次く國語「すめらみこと」の解 / 20
  • 第七條 親は生の本原の解 / 21
  • 第八條 前條に次く國語「おや」の解 / 21
  • 第九條 生の本原大小の解 / 22
  • 第十條 前條に次く本末上下の解 / 23
  • 尊本章第五 生の本原を尊ふの義を明かす / 24
  • 第一條 本章緒言 / 24
  • 第二條 國語「たか」の解 / 24
  • 第三條 神に「たか」の御名ある解 / 25
  • 第四條 前條に次く高天原の解 / 26
  • 第五條 同しく隂陽二神の解 / 29
  • 第六條 神の御祖に「たか」の御名ある解 / 30
  • 第七條 皇上に「たか」の御名ある解 / 31
  • 第八條 前條に次く高御座の解 / 32
  • 第九條 親に「たか」の名ある解 / 32
  • 第十條 た、か、のニ言連絡の解 / 33
  • 第十一條 言にかりし字に依りて國性を證明する解 / 34
  • 報本道名章第六、 生の本原に報ゆる道の名を明かす / 36
  • 孝道章第七、 生の本原に報ゆる「まつる」の道の義を明かす / 37
  • 第一條 國語「まつる」と孝道の解 / 37
  • 第二條 孝道の要素 / 37
  • 第三條 皇道の孝 / 38
  • 第四條 臣道の孝 / 39
  • 第五條 人の神に報い奉るの孝 / 40
  • 第六條 前條に次く無量神恩の解 / 40
  • 第七條 同しく神社の解 / 44
  • 第八條 臣民皇上に報い奉るの孝 / 45
  • 第九條 子の親に報ゆるの孝道 / 46
  • 第十條 孝道は諸道中最上道たるの解 / 46
  • 武道章第八、 生の本原に報ゆる「たける」の道の義を明かす / 47
  • 第一條 國語「たける」と武道の解 / 47
  • 第二條 武道に伴ふ祓の道の解 / 48
  • 第三條 武道の功用と原因 / 49
  • 第四條 神、皇、親、各別に報ゆる武道 / 50
  • 第五條 武道の功徳 / 51
  • 忠道章第九、 生の本原に報ゆる「うめる」の道の義を明かす / 52
  • 第一條 國語「うめる」と忠道の解 / 52
  • 第二條 忠道は事實の道の解 / 53
  • 第三條 生人の神に報い奉る忠道 / 53
  • 第四條 臣民皇上に報い奉る忠道 / 54
  • 第五條 子の親に報ゆるの忠道 / 55
  • 第六條 重ねて忠道の實を説く / 56
  • 終結章第十、 本論を終結す / 61
  • 跋文 松竹梅の賛辭

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 大日本皇国国体要論
著作者等 中川 周順
書名ヨミ ダイニホン コウコク コクタイ ヨウロン
書名別名 Dainihon kokoku kokutai yoron
出版元 中川周順
刊行年月 大正1
ページ数 62, 3丁
大きさ 27cm
全国書誌番号
42016882
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想