新しい事例検討法PCAGIP入門 : パーソン・センタード・アプローチの視点から

村山正治, 中田行重 編著

「批判しない」「記録をとらない」というグランドルールのもと、守られた空間が事例提供者を温かく支え、気づきや成長を促す。心理、教育、看護、福祉、司法などの対人援助職をはじめ、会社の人材育成やボランティア活動の場など、幅広い活用が可能。愛がある事例検討法PCAGIP。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 理論編-PCAGIP法とは(PCAGIP法とは何か
  • PCAGIP法の手順とポイント
  • PCAGIP法開発の経緯
  • PCAGIP法の論理)
  • 第2部 実践編-PCAGIP法の実践(大学院生への実践
  • PCAGIP法の教師への実践
  • 企業管理職のためのPCAGIP法を用いた事例検討)
  • 第3部 PCAGIP体験記(心理臨床ケース・カンファレンスとPCAGIP法-九州産業大学における実践を中心に
  • 職場でおこなうPCAGIP法-ワークショップ開催経験から見たPCAGIP法の可能性
  • ワークショップ開催経験から見たPCAGIP法の魅力
  • PCAGIP法とフォーカシング)
  • 第4部 講演(心理臨床について語る-教育、研究、心理療法)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新しい事例検討法PCAGIP入門 : パーソン・センタード・アプローチの視点から
著作者等 中田 行重
村山 正治
書名ヨミ アタラシイ ジレイ ケントウホウ ピカジップ ニュウモン : パーソン センタード アプローチ ノ シテン カラ
書名別名 Atarashi jirei kentoho pikajippu nyumon
出版元 創元社
刊行年月 2012.8
ページ数 175p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-422-11543-6
NCID BB10057060
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22120744
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想