電離放射線障害防止規則の解説

中央労働災害防止協会 編

[目次]

  • 1 総説(電離放射線障害防止規則にかかる歴史
  • 電離放射線障害防止規則等の改正(平成17年6月1日厚生労働省令第98号)の経緯と概要)
  • 2 電離放射線障害防止規則の逐条解説(総則(第1条〜第2条)
  • 管理区域並びに線量の限度及び測定(第3条〜第9条)
  • 外部放射線の防護(第10条〜第19条)
  • 汚染の防止(第22条〜第41条の2)
  • 特別な作業の管理(第41条の3〜第41条の4)
  • 緊急措置(第42条〜第45条)
  • エツクス線作業主任者及びガンマ線透過写真撮影作業主任者(第46条〜第52条の4の5)
  • 特別の教育(第52条の5〜第52条の7)
  • 作業環境測定(第53条〜第55条)
  • 健康診断(第56条〜第59条)
  • 指定緊急作業従事者等に係る記録等の提出(第59条の2)
  • 雑則(第60条〜62条))3 関係告示の解説(電離放射線障害防止規則第3条第3項並びに第8条第5項及び第9条第2項の規定に基づき、厚生労働大臣が定める限度及び方法を定める件(昭和63年労働省告示第93号)
  • エックス線装置構造規格(昭和47年労働省告示第149号)
  • ガンマ線照射装置構造規格(昭和50年労働省告示第52号)
  • 透過写真撮影業務特別教育規程(昭和50年労働省告示第50号)
  • 核燃料物質等取扱業務特別教育規程(平成12年労働省告示第1号)
  • エツクス線作業主任者免許試験規程(昭和47年労働省告示第131号)ガンマ線透過写真撮影作業主任者免許試験規程(昭和51年労働省告示第75号)
  • 作業環境測定基準(抄)(昭和51年労働省告示第46号))
  • 4 労働安全衛生法(抄)(労働安全衛生法施行令(抄)、労働安全衛生規則(抄))の解説(総則
  • 労働災害防止計画
  • 安全衛生管理体制
  • 労働者の危険又は健康障害を防止するための措置
  • 機械等並びに危険物及び有害物に関する規制
  • 労働者の就業に当たつての措置
  • 健康の保持増進のための措置
  • 快適な職場環境の形成のための措置
  • 免許等
  • 監督等
  • 雑則
  • 罰則)
  • 5 付録(放射線障害の基本的知識
  • 電離放射線健康診断について
  • 放射線の測定について
  • 関連用語解説
  • おもな放射性同位元素(半減期及び壊変の型)
  • 放射線(能)関係標識・表示等
  • 国際単位系(SI)について
  • 管理区域の設定等に当たっての留意事項)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 電離放射線障害防止規則の解説
著作者等 中央労働災害防止協会
書名ヨミ デンリ ホウシャセン ショウガイ ボウシ キソク ノ カイセツ
出版元 中央労働災害防止協会
刊行年月 2012.7
版表示 第4版.
ページ数 509p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8059-1455-7
NCID BB10140743
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22118992
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想