胃を切った仲間たち : 胃切者が語る後遺症とその克服法

健胃会 監修 ; 升田和比古 編

胃切患者会30年の歴史の中で培った、後遺症の苦しみに立ち向かう知恵と勇気。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 少ししか食べられない苦労、やせていく恐怖
  • 2 ダンピング症状
  • 3 逆流性食道炎と逆流症状
  • 4 下痢と便秘、便通の異常と「おなら」
  • 5 胃切と貧血、骨粗しょう症
  • 6 胃切後の胆石症
  • 7 胃切と糖尿病
  • 8 癒着と腸閉塞(イレウス)
  • 9 運動、社会復帰、長生き法
  • 10 健胃会や『胃を切った仲間たち』で元気に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 胃を切った仲間たち : 胃切者が語る後遺症とその克服法
著作者等 升田 和比古
胃切患者会健胃会
健胃会
書名ヨミ イ オ キッタ ナカマタチ : イセツシャ ガ カタル コウイショウ ト ソノ コクフクホウ
書名別名 I o kitta nakamatachi
出版元 桐書房
刊行年月 2012.8
ページ数 149p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-87647-809-5
NCID BB10948832
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22116130
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想