民藝の教科書  2 (染めと織り)

久野恵一 監修 ; 萩原健太郎 著

[目次]

  • 1時間目 意外と知らない日本の風土が育んだ布のこと 染め織りの基礎知識(まずは練習問題です。これって民藝?
  • キーワードで読み解く
  • 全国染め織りマップ ほか)
  • 2時間目 いまの民藝を探しに行こう 産地を訪ねて、染め織りを知る(涼をはらむ軽い風合いが身分を問わず愛されたかつての沖縄の日常着-芭蕉布(沖縄県)
  • 中国から伝わり王家に愛された華やかで美しい織物-首里織(沖縄県)
  • 色鮮やかで可憐。まぼろしと呼ばれた花が再び咲き始めた-読谷山花織(沖縄県) ほか)
  • 3時間目 使う、眺める、仕立てる、着る。工夫しだいでいろいろできます 民藝の染め織りと暮らしたい(「民藝を着る会」結成!?
  • 久野さんのシャツができるまで
  • 先生に質問1 染織デビューにおすすめの一品って? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民藝の教科書
著作者等 久野 恵一
萩原 健太郎
書名ヨミ ミンゲイ ノ キョウカショ
書名別名 Mingei no kyokasho
巻冊次 2 (染めと織り)
出版元 グラフィック社
刊行年月 2012.8
ページ数 160p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-7661-2407-1
NCID BB09927846
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22118401
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想