放課後ミッドナイターズ

竹清仁, 小森陽一 原案 ; 樹みゆき 小説

「人間めっ-!」真夜中の学校の一室-取り壊しを翌日に控えたホルマリン臭漂う理科室で、人体模型・キュンストレーキは全身に描かれたえらくひょうきんな落書きを、必死に落としていた。「キュン様、よう耐えたネェ!」と流ちょうな博多弁で相棒である骨格標本のゴスがそれを慰める。しかし、そんな労わりは怒りに震えるキュンの耳には届かない。翌日自分たちが廃棄処分されてしまうことなど忘れたかのように、復讐に燃えるキュン。そして、自分を散々いたぶってきた子供たちへの積年の恨みを晴らそうと、純真無垢な?女児三人組を夜の恐怖の学校へと誘うのだった。「そんなことしとる場合やなかとやのに-っ!」ゴスの悲しい叫びが夜の校舎に響き渡る。キュンとゴスの運命はいかに?そして、女児三人組は無事に帰ることが出来るのか!?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 放課後ミッドナイターズ
著作者等 小森 陽一
樹 みゆき
竹清 仁
書名ヨミ ホウカゴ ミッドナイターズ
書名別名 Hokago middonaitazu
シリーズ名 リンダブックス
出版元 泰文堂
刊行年月 2012.9
ページ数 219p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-8030-0336-9
全国書誌番号
22113131
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想