「体幹」を鍛えるとなぜいいのか?

木場克己 著

アスリートのパフォーマンスアップはもちろん、腰痛・肩こりの改善からメタボ対策まで、絶大な効果を発揮する「体幹トレーニング」。本書では、世界のトップアスリートの活躍を支えるカリスマトレーナーが、KOBA式「体幹メソッド」の極意を大公開。「トレーニング前にストレッチをすることで、体幹への効果は倍増する」など、正しく効率的に鍛える知恵が満載。眠ったカラダを呼び覚ます1冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 今すぐできるKOBA式「体幹」トレーニング(「体幹」トレーニングはこんなにイイ効果がある!
  • まずは体幹トレーニングの基礎「ドローイン」を覚えよう
  • 簡単にできる体幹トレーニング
  • イスに座ったままできる体幹トレーニング)
  • 第1章 そもそも「体幹」ってなんだろう?(多くの選手の体が目覚めたKOBA式「体幹」トレーニング
  • 体幹とは体のどの部分を指す?
  • 体幹部は、すべての動作のスタート地点
  • 体幹と下半身をつなぐ「股関節」
  • インナーマッスルの重要性
  • 腰痛の大半は体幹トレーニングで克服できる)
  • 第2章 KOBA式「体幹」トレーニングとは?(KOBA式「体幹」トレーニングの特徴はストレッチにあり
  • 事前のストレッチがなぜ重要なのかを理解しよう
  • 体幹トレーニングによって体にどんな効果があるのか?)
  • 第3章 KOBA式「体幹」トレーニングとの出会い(スポーツトレーナーとしてのキャリアを積む
  • FC東京トレーナーとしてチームをサポート)
  • 第4章 アスリートから一般までKOBA式「体幹」実例集(長友佑都(インテル)-体幹強化で腰痛を克服
  • 谷本歩美(元柔道選手)-引退危機からの大逆転劇
  • サンフレッチェ広島ユース-監督・コーチ・トレーナー・選手一丸で連覇を達成
  • 野球・ゴルフ・ビーチバレー・ボートレースなど-どんなスポーツ競技でもKOBA式は効果あり
  • ミュージシャン-体幹トレーニングで肺を大きく!
  • 一般の方の症例と、対策法-日常生活のこんなシーンで腰痛に注意)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「体幹」を鍛えるとなぜいいのか?
著作者等 木場 克己
書名ヨミ タイカン オ キタエルト ナゼ イイ ノカ
シリーズ名 PHP文庫 こ56-1
出版元 PHP研究所
刊行年月 2012.8
ページ数 237p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-569-67860-3
NCID BB10346046
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22114858
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想