トマス・ハーディ

パトリシャ・インガム 著 ; 鮎澤乗光 訳

英文学の代表的作品とも呼びならわされる『ダーバヴィル家のテス』『日陰者ジュード』は、いかにして創作されたのか。時代背景を丹念に追い、従来「自然主義作家」と目されてきたハーディの実像に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 トマス・ハーディの生涯
  • 第2章 社会構造
  • 第3章 文学のコンテクスト
  • 第4章 社会問題-ハーディの小説における階級
  • 第5章 社会問題-女性と社会
  • 第6章 ハーディと科学-空間、時間、進化、人類
  • 第7章 宗教問題
  • 第8章 ハーディを再コンテクスト化する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 トマス・ハーディ
著作者等 Ingham, Patricia
鮎沢 乗光
鮎澤 乗光
インガム パトリシャ
書名ヨミ トマス ハーディ
書名別名 Thomas Hardy
シリーズ名 時代のなかの作家たち 3
出版元 彩流社
刊行年月 2012.8
ページ数 436,14p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7791-1703-9
NCID BB09816823
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22125877
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想